ひどい虫歯の治療室 Dr.天野のプロフィール

天野歯科医院 院長 天野 聖志

1962年 生まれ 

1987年 東京歯科大学卒業 

1989年 米国ウイスコンシン州マーケット大学歯学部大学院補綴科入学 

1993年 米国ウイスコンシン州マーケット大学

歯学部大学院補綴科にて歯科修士課程(マスターオブサイエンス課程)卒業

1993年 帰国後、東京都港区虎ノ門の天野歯科医院 院長に就任

米国補綴歯科学会認定医

(補綴科とは、さし歯、入れ歯、被せ物そして審美歯科を専門とする歯科の専門分野です) 

パーフェクトペリオワールドクラス会員
ドックベストセメント治療アドバンス研修修了
3Mix-MP法®研修修了
 
3Mix-MP法®アドバンス研修修了
国際歯科学士会フェロー
スナップオンスマイル認定医
歯を削らない審美歯科ルミネアーズ認定医
歯を削らないヒューマンブリッジ研修修了
歯茎が柔らかい入れ歯ラックスデント認定医

メルマガ読者100万人【健康のまぐまぐ】担当医
日刊スポーツ新聞社主宰ニッカンケアイズム専門ライター
ヘルスケア大学スキンケア大学所属ドクター
国際的な病院紹介サイトでカスタマーサービス賞受賞

治療方針

●私の医院は千代田区霞が関(港区虎ノ門至近)にあります。昭和43年に私の父が開院してから約40数年間、虎ノ門と共に歩んできました。

私は、アメリカ留学後、 10数年前より虎ノ門で診療をしていますが、毎日が勉強であると思っています。

歯の治療は一人一人全部違います。

 

●100人の方がいれば 100種類の歯型があります。一人として同じ歯型の方はいません。 

歯の悩みは様々ですが、私の役割は歯に関して不愉快な思いをしている方に、その原因を取り除いて快適な生活を送っていただくことだと思っています。

米国の医療現場で私が学んだことは、歯というのは人の生活の向上のために欠かせないものであるということです。

ただ痛みを取るとか、欠けた部分を補うだけではなく、楽しく日常を送るためには、健康で美しい歯が必要です。 

 

●歯の治療は一人一人オーダーメードであって決して大量生産の流れ作業ではありません。

私は歯科医として医療の立場から、そして写真家として審美的方面からもより良い歯科治療を志して行きたいと思っています。

歯の治療は、お一人お一人全部違います

 歯科医以外にアマチュア写真家としても活動中です 

ひどい虫歯のお悩みや原因について、お聞きになりたいことなど、お口のお悩みにまつわることでしたら何でも構いません。米国歯科大学院卒のDr.天野が、ご相談をお受けいたします。

Dr.天野からご挨拶

過去の治療で痛くて怖い思いをしたり、あまりにひどい虫歯で歯科医に見せるのも恥ずかしい……そんな理由で治療に前向きになれない患者さんのためのサイトです。

しっかりした歯の治療とは、単に虫歯を削って詰めたり被せたりするだけではなく、将来に渡って歯の健康を視野に入れた治療です。
そのためには、歯を支える歯茎の専門医 、土台の基礎となる歯の根の治療の専門医など各種専門医との協力が不可欠です。
そのため、それぞれ各科の専門医と協力しながら、総合的で基礎がしっかりした治療をめざす、専門医によるチーム歯科治療を行っています。