虫歯の基礎知識

ひどい虫歯になるのを防ぐためにも、まずは、虫歯についての基本的な情報を知っておきましょう。

虫歯の基礎知識

日本人が歯を失う原因の9割以上が、「虫歯」「歯周病」だと言われています。

 

どちらも、口の中の菌が引き起こす感染症といえる「歯の病気」ですが、「歯周病」が歯の周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨※)の病気であるのに対し、「虫歯」は歯そのものの病気といえます。

 

※歯と歯周組織の構造については、こちらをご覧ください。

 

虫歯の原因は歯垢(プラーク)です。歯垢は食べ物の残りカスではなく、細菌の塊です。この細菌が、口の中に残った糖を分解して「酸」を作ります。その酸によって、歯の内側の組織を外の刺激から守る働きをする、歯の一番外側にあるエナメル質から溶け出していくことが、虫歯という病気なのです。

虫歯に関する重要な用語として「う蝕(しょく)」という言葉があります。口の中の細菌が、食事などの機会に炭水化物を摂取し有機酸を作り出し、この酸が歯の表面を溶かす現象のことです。

 

う蝕は、唾液の力である程度回復するのですが、溶かす力が唾液による回復力を上回ってしまうと、う蝕が進行し、やがて歯に穴が空くまでに至ります。この状態を「虫歯」と呼ぶのです。

 

何より大きな問題は、「穴の空いたう蝕」つまり虫歯は、自然治癒しないということなのです。

虫歯になりやすい状態

細菌の塊である歯垢(プラーク)は、虫歯の大きな原因ではありますが、プラークの存在が必ずしも、虫歯へと結びつくわけでは、ありません。

 

下の図にある通り、虫歯は、(1)虫歯に対する抵抗力、(2)炭水化物<特に糖分>、(3)細菌<プラーク>、の3要因が重なり合った条件下で発症するとされています。

 

つまり糖分の存在は、細菌の好む大切なエサとなっているのです。また、唾液によるエナメル質の再生(再石灰化)力が保たれていれば、虫歯に至る可能性は大きく減るのです。

カイスの輪

虫歯の程度と治療法

虫歯の程度は、4段階に分類されています。

ひどい虫歯の弊害

通常、歯の痛みがあるときは、ひどい虫歯になって歯髄まで細菌によって感染していることも多く、その場合は、歯の根の治療(根管治療)も視野に入れなければなりません。根管治療は、歯の根の中で生きている細菌を殺さなければならないため、通常は時間と日にちを要します。

 

また、人間は身体の抵抗力が衰えたとき、痛みが出たり腫れたりします。ご高齢の方や大病を患った方は、身体の抵抗力が衰え、ひどい虫歯があると、それが引き金となって、口の中の細菌が身体に入り込んで全身的な病気を引き起こすこともあります。

 

こういったことを避けるため、ひどい虫歯を放置してはいけないのです。

ひどい虫歯のお悩みや原因について、お聞きになりたいことなど、お口のお悩みにまつわることでしたら何でも構いません。米国歯科大学院卒のDr.天野が、ご相談をお受けいたします。

Dr.天野からご挨拶

過去の治療で痛くて怖い思いをしたり、あまりにひどい虫歯で歯科医に見せるのも恥ずかしい……そんな理由で治療に前向きになれない患者さんのためのサイトです。

しっかりした歯の治療とは、単に虫歯を削って詰めたり被せたりするだけではなく、将来に渡って歯の健康を視野に入れた治療です。
そのためには、歯を支える歯茎の専門医 、土台の基礎となる歯の根の治療の専門医など各種専門医との協力が不可欠です。
そのため、それぞれ各科の専門医と協力しながら、総合的で基礎がしっかりした治療をめざす、専門医によるチーム歯科治療を行っています。