クラウンレングスニング

クラウンレングスニングがどんな治療法か、2つの治療例をもとにご紹介します。

ひどい虫歯の治療例 クラウンレングスニング(歯冠延長術)A

ひどい虫歯で、歯根の一部分が歯茎の下になってしまっている場合に、歯茎を少し下げて、健康な歯根を出す方法です。

歯根全体を引っ張り上げるエクストルージョンと比較すると、歯茎を下げて歯根を掘り出すような処置です。

下の写真は、他の歯科医院で抜歯と言われてセカンドオピニオンを求めて来院された方です。

診査の結果、歯根はしっかりしていましたので、クラウンレングスニングを行うことにしました。

ひどい虫歯の治療前 クラウンレングスニング

写真はクラウンレングスニング後、被せ物の土台を立てたところです。

健康な歯質をすべて歯茎の上に出せたので、適合の良い被せ物を作ることができました。

ひどい虫歯の治療後 クラウンレングスニング

ひどい虫歯の治療例 クラウンレングスニング(歯冠延長術)B

長年、虫歯を放置された後、他の医院で抜歯との診断を受けたのですが、入れ歯やブリッジになるのはどうしても避けたいと、来院された方です。

一見すると歯はほとんど残っていない状態で、根のかけらしかないように見えます。

しかし、レントゲンでは、短かいですが、歯の根がしっかり残っている状態で、歯を支える歯槽骨もあまり吸収していなかったので、歯茎を少し下げて、健康な歯根を出すクラウンレングスニング(歯冠延長術)をして歯を抜かないで残すことにしました。

また根の先に病気もありましたので顕微鏡を使用する根の再治療もすることにしました。

ひどい虫歯の治療前 クラウンレングスニング

クラウンレングスニング、顕微鏡による根の再治療の後、 根を土台としてしっかりさせるため、ファイバー樹脂の心棒を立てたところです。

元々は1本の歯に2本の根がある歯だったのですが、虫歯がひどく、根が二つに分かれてしまっていましたので、2本の歯として、治療しました。

ひどい虫歯の治療途中 クラウンレングスニング

残った根の長さが2本とも短く、噛む力に耐えられそうもなかったので、最終的には、後ろの歯と被せ物でつないで、固定させました。

抜かずにすんだので、患者さんは入れ歯やブリッジにならずに済み、快適な生活が送れるようになりました。

ひどい虫歯の治療後 クラウンレングスニング

ひどい虫歯のお悩みや原因について、お聞きになりたいことなど、お口のお悩みにまつわることでしたら何でも構いません。米国歯科大学院卒のDr.天野が、ご相談をお受けいたします。

Dr.天野からご挨拶

過去の治療で痛くて怖い思いをしたり、あまりにひどい虫歯で歯科医に見せるのも恥ずかしい……そんな理由で治療に前向きになれない患者さんのためのサイトです。

しっかりした歯の治療とは、単に虫歯を削って詰めたり被せたりするだけではなく、将来に渡って歯の健康を視野に入れた治療です。
そのためには、歯を支える歯茎の専門医 、土台の基礎となる歯の根の治療の専門医など各種専門医との協力が不可欠です。
そのため、それぞれ各科の専門医と協力しながら、総合的で基礎がしっかりした治療をめざす、専門医によるチーム歯科治療を行っています。