ひどい虫歯の治療法

中がひどい虫歯で、ガタガタの方

最初のうちは、所々が虫歯になっていても、痛くないからそのうち治そうと思って放置している方は、案外多いものです。

でも虫歯は、自然治癒することはありませんので、気がついたら口中がひどい虫歯で文字通りボロボロになってしまっている方もいます。

もうそうなると、ひどい虫歯の歯は抜かれてしまうのではないか、歯医者さんに何と言われるだろうかなどと、良からぬ考えばかりが先立ってしまいます。

そんな、怖かったり恥ずかしかったりする気持ちに迫られて、歯科医院からは自然に足が遠退き、自分ではどうすることも出来ない状態に陥ってしまいます。

こうした、いわば歯科恐怖症のもと、虫歯をいっそう悪化させる悪循環にお困りの方は、少なからずいらっしゃるようです。

ひどい虫歯も、抜かずに治す

確かに10数年前までは、ひどい虫歯は抜いて入れ歯にする方法が主流でした。

しかし、現在は一本でも多く自分の歯を残しましょうという方向に歯科の技術は進んでいます。

そして、その方法も近年いろいろ開発されてきました。

かなりひどい虫歯の状態でも、全体的に診断を立てて、総合的な治療をすれば、歯を抜くことを最小限にして、良い状態にすることができます。

ひどい虫歯治療前後のケア 殺菌水治療パーフェクトペリオ

ひどい虫歯をすべて治しても、その後の歯磨きを頑張ってしても、お口の中から虫歯菌や歯周病菌が居なくなったわけではありません。

虫歯菌も歯周病菌も歯科医院でのクリーニングや今までのマウスウオッシュでは細胞レベルでの完全な殺菌は出来なかったからです。

しかし、最近開発されたパーフェクトペリオという殺菌水治療は、毎日10秒間うがいをすることで、口の中の虫歯菌や歯周病菌を、ほぼ完全に殺菌(溶菌※)することが出来ることから、治療後も比較的簡単に良い状態を保つことができるようになりました。

※溶菌とは歯周病菌や虫歯菌を破裂させて溶かすことです。

殺菌水治療パーフェクトペリオは、強い殺菌力に反して、体への影響はほとんどなく、虫歯予防、歯周病治療の全く新しい治療法として、今、注目されています。

 

パーフェクトペリオについての詳細は、こちらをご覧ください。

ひどい虫歯の治療例(33歳男性)

全体的にひどい虫歯で、いらした方です。

奥歯は特にひどい状態でしたが、診査の結果、歯茎の処置やクラウンレングスニングを行い、 出来るだけ抜かないで治すことにしました。

また、奥歯がなくなったことによって、噛み合せが低くなってしまっていましたので、噛み合わせの高さを高くして、正常な噛み合わせにすることにしました。

ひどい虫歯の治療前

すべての歯の歯茎の処置と根の治療を行い、土台を立てて、差し歯を作った状態です。一本ずつの歯があまり強い歯ではなかったため、すべての歯をつないで固定させています。

また、低くなってしまっていた全体の噛み合せを高くして、全体的に噛み合せを正常な高さに戻し、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が掛からないバランスの取れた噛み合せになりました。

ひどい虫歯の治療後

ひどい虫歯のお悩みや原因について、お聞きになりたいことなど、お口のお悩みにまつわることでしたら何でも構いません。米国歯科大学院卒のDr.天野が、ご相談をお受けいたします。

Dr.天野からご挨拶

過去の治療で痛くて怖い思いをしたり、あまりにひどい虫歯で歯科医に見せるのも恥ずかしい……そんな理由で治療に前向きになれない患者さんのためのサイトです。

しっかりした歯の治療とは、単に虫歯を削って詰めたり被せたりするだけではなく、将来に渡って歯の健康を視野に入れた治療です。
そのためには、歯を支える歯茎の専門医 、土台の基礎となる歯の根の治療の専門医など各種専門医との協力が不可欠です。
そのため、それぞれ各科の専門医と協力しながら、総合的で基礎がしっかりした治療をめざす、専門医によるチーム歯科治療を行っています。